本文へ

  • The Great fukushima ShakeOut 2017 の登録者数 31,370

 

 

シェイクアウトふくしま参加者募集

 

 

県民の皆さんの防災意識の高揚と自助・共助の取組促進を図るため、地震が発生した時、自分の身を自分で守るために真っ先に行うべき安全確保行動「(1)まず低く、(2)頭を守り、(3)動かない」を学び、身に付ける機会として、県下一斉安全確保行動訓練「シェイクアウトふくしま」を実施します。この「シェイクアウトふくしま」は、誰でも、どこでも、時間をかけず、気軽に参加できます。防災について考え、話し合い、実践するきっかけとして、ぜひ、ご家庭や学校、職場などで「シェイクアウトふくしま」に参加しましょう。

 

 

 

 

 

お申込みについて

 

「シェイクアウトふくしま」に参加を希望する方は、事前の参加申込みが必要です。

 

平成30年2月15日(木)午後5時までにお申し込みください。

 

インターネットからのお申込み

訓練参加をご希望の方は、お手数ですが、下記からご登録をお願い致します。

参加登録ページへ

 

郵送・FAXからのお申込み

チラシ(裏面)に必要事項を記入し、福島県危機管理課へお送りください。チラシ(参加申込み用紙)
(郵 送)〒960-8670
     福島県福島市杉妻町2-16
     福島県危機管理課
(F A X)024-521-7993

 

 

 

訓練に向けて(事前学習、注意事項)

 

 

■ 日時

平成30年2月16日(金) 午前11時00分

■ 主催

福島県

■ 対象者

県内在住、在勤、在学の方、県内の学校・企業・団体(町内会など)、個人・団体を問わず参加できます。

■ 開始の合図

主催者からの開始の合図は行いません。時間になりましたら、各自で訓練を開始してください。
※ 地震防災訓練アプリや訓練用音源を活用できます。

■ 内容

まず低く 頭を守り 動かない

1.訓練時刻(地震発生想定)になりましたら、その場で約1分間、次の安全確保行動を実施してください。
① まず低く(DROP)
② 頭を守り(COVER)
③ 動かない(HOLD ON)
2.その後、各訓練参加者ができる範囲において、防災対策に関するプラスワン訓練の実施に努めてください。
〔プラスワン訓練の事例〕
建物内の消火設備や避難ルートの点検・確認、防災備蓄品の状況や保管場所の確認、屋内外の危険箇所等の見回り、非常時の連絡体制の確認、防災に関する話し合い、避難訓練・初期消火訓練・人命救助訓練の実施など

■ 訓練に向けて(事前学習、注意事項)

1.福島県防災ガイドブック「そなえる ふくしま ノート」やホームページ等を活用し、地震時に取るべき行動を確認してください。
2.安全行動訓練は、参加場所や人数を問いません。普段の生活や業務のなかで実施することが重要です。
ただし、運転中や危険を伴う作業中などは無理に行う必要はありません。時間をずらして実施してください。
3.実際の地震を想定するため、なるべく身近な人に声をかけて一緒に安全行動をとってください。
4.この機会に、ご家族や職場、近隣の方と地震防災について話し合い、対策することをお勧めします。

■ 関連URL

福島県危機管理課ホームページ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010a/shakeout-f.html
福島県防災ガイドブックについてhttps://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010a/sonafukunote.html
地震防災訓練アプリについてhttps://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/earthquake_warning/disaster_prevention/
訓練用音源についてhttp://www.shakeout.jp/info/category/download/

 

 

 

日本版ShakeOut(シェイクアウト)について

 

 

ShakeOut(シェイクアウト)プラス1のプラス1とは

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、日本の防災訓練を改めて見直すきっかけとなりました。従来の行政主導による動員型の防災訓練を さらに発展させ、行政と住民、専門家、ボランティア等が共同して企画・運営する協同参加型の訓練を目指すうえで参考とされたのが米国のシェイクアウト訓練 です。  2012年1月、林春男・京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授、平田直・東京大学地震研究所地震予知研究センター教授ら日本を代表する防災研究 者を中心に「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(略称:ShakeOut提唱会議)」が結成され、2012年3月9日に千代田区で学校・企業等の参加に よる国内初の日本版シェイクアウト訓練が実施されました。

 

 

 

被害想定

 

 

1.中通り・浜通り地方 平成30年2月16日(金)午前11時00分、福島県沖でM7.8の日本海溝型地震(プレート境界型)が発生。浜通り地方では震度6強~6弱、中通り地方では震度6弱の揺れを観測した。
2.会津地方 平成30年2月16日(金)午前11時00分、会津西縁断層帯を震源とするM6.8の直下型地震が発生。会津地方において震度6強~6弱の揺れを観測した。