本文へ

  • The Great Mito ShakeOut 2016 の登録者数 -

自宅・学校・職場の状況を地図で確認しよう!

【地図システムの画面例】

■クリックだけで各種データを地図上に表示できます
■ 地図上での経路検索も可能です

皆さんの自宅、学校、職場等の周辺の災害や避難所等の情報を地図上で
“マッシュアップ”して周辺の状況を確認してみましょう!

下の「地図で確認する」のボタンをクリックすると、地図システムのページが開き、地図上で様々な防災関連の情報を閲覧することができます。
また、「防災学習参考資料」をクリックすると、地震発生の仕組みや地震が発生したときの様々な対応等を学ぶことができます。
(参考:マッシュアップとは、情報の重ね合せのことをいいます)

地図を確認する
 防災学習参考資料

» 家庭・学校・職場での学習資料活用例(PDF)

地図上で確認できるデータ一覧

No. データ名 概 要
1 茨城県南部地震震度データ 国の中央防災会議「首都直下型地震対策専門調査会」において検討されたプレート境界型茨城県南部地震の震度分布データ。500mメッシュ単位で、本地震が発生した場合に想定される震度が把握できます。
2 揺れやすさデータ 茨城県南部地震と塩谷崎沖地震を対象として、水戸市が想定した地震の揺れやすさのデータ。50mメッシュ単位で、より詳細なエリアでの想定地震が把握できます。
3 東日本大震災震度データ 2011年3月11日に発生した東日本大震災の震度推計データ。防災科学技術研究所の地盤データ等や気象庁の公表データをもとに株式会社パスコが作成。
4 液状化データ 国の中央防災会議「首都直下型地震対策専門調査会」において検討されたプレート境界型茨城県南部地震の液状化データ。500mメッシュ単位で、想定される液状化の危険度が把握できます。
5 避難所・広域避難場所位置データ 水戸市が指定している避難所および広域避難場所の位置を示すデータ。